居宅介護支援サービス

居宅介護支援サービスとは

介護が必要となり、介護保険制度を利用するには、要介護認定に基づいたサービス計画書(ケアプラン)の作成が必要になります。そのためのご相談やケアプランの作成を行うのが、居宅介護支援サービスです。

お客様のご希望や身体状況などに応じたサービスを選択していただき、効率良くご利用いただくために、まずはケアマネージャー(介護支援専門員)がご本人やそのご家族からの相談をうかがいます。その後、介護支援専門員が十分に希望を反映したプランをご提案いたします。

サービス内容

介護支援専門員がケアプランの作成、要介護認定・給付管理手続きの代行、サービスの管理などを行います。

ご利用料金

全額介護保険負担となりますので、お客様のご負担はありません。